考え方・疑問

考え方・疑問

保護者は道場のお客様? その1

「月謝を払っているんだから、保護者は道場のお客様」     道場を商業目的の「フィットネスジム」と捉えるなら、この考え方は正しいと思いますが、僕はこの考え方に違和感を覚えます。   ここ数年、全国のいろんな保護者の方たちと話す機会...
考え方・疑問

保護者のあるべき姿

以下は、1月18日にFacebookでシェアさせていただいた、ある空手指導者の方の投稿です。   「安易に親のエゴで子どもに習い事をさせるべきではない」という考え方にとても共感しました。   それと同時にここ数年、テコンドー関係で全...
考え方・疑問

料理人と指導者

和食の神髄を究めたと言われる日本料理人・奥田 透氏。       以前放送されたNHKの「プロフェッショナル」に出演されていた時、こうおっしゃっていました。     「私の料理は、素材を切ったり焼いたりといった『手...
考え方・疑問

実験、実験、ひたすら実験

6月20日(水)の、練習でのことです。   僕は遥と幸也に、指定したパターンのミット蹴りを一通りやらせた後、こう言いました。     「今までお前らは、オレが言ったことを『ただやるだけ』だった。 今後は、『オレがまだ言っていない...
考え方・疑問

意外な反応

5月22日に投稿した「普及と危機感」に対して、意外な反応がありました。     そこで書いた通り、現在SNSは ・ Facebook ・ アメブロ ・ LINEのタイムライン の3つをやっていて投稿内容は3つとも全く同じなので...
考え方・疑問

普及と危機感

5月13日(日)に、熊本県阿蘇市で「全日本ジュニアテコンドー選手権大会 西日本地区大会」が行われました。     それについて書いた2つの投稿が、先日アメブロ(Amebaブログ)のハッシュタグ「テコンドー」の中で、1位と3位を獲りまし...
考え方・疑問

体と心の成長

タッタッタッタ......!   遠くから遥が走ってくる。           僕の職場は月に3回平日休みがあって、その日はなるべく、遥を通学路の途中まで迎えに行くようにしている。   ...
考え方・疑問

型をやる本当の意味

「型をやる本当の意味って、何だろう?」     この疑問に対して、僕は長年こう考えていました。   空手なら空手、テコンドーならテコンドー、少林寺拳法なら少林寺拳法。 「それぞれの武術特有の動き」を体に染み込ませるためである、と...
考え方・疑問

遊びと練習

2月4日(日)は、前日に遥が買ってきたインラインスケートを早速試しました。(^-^)       ......が、僕の腕にしがみついて「怖い!怖い!」と喚くばかりで、一向に自分で進もうとしません。   仕方なく、手を...
考え方・疑問

闘いとは不都合なもの、思い通りにはならないもの

ま、詰まるところ、そういうことなんですよね。       そして、それを子どもたちにも教えていかなければならないわけで......。   スパー以外の練習、例えばミット蹴り1つを取ってみても、そういう意識があるのか無...
タイトルとURLをコピーしました