第8回 四国中央空手道選手権大会 敬心杯

大会

2021年12月12日(日)、「第8回 四国中央空手道選手権大会 敬心杯」が伊予三島運動公園体育館(愛媛県四国中央市)にて行われました。

 

……言い訳になりますが、昨年12月から今年1月にかけて非常に多忙で、今日が2月12日(土)ですから投稿がちょうど2ヶ月後となってしまいました。

すみません。(>_<)

 

さて、本大会は小学生はレベルに応じてビギナー、チャレンジ、チャンピオンの3つの部に分かれています。

前回大会では、遥は初めてのフルコンタクト空手の大会出場ということもあってチャレンジの部で出場し、そこで優勝できなかったので今回もチャレンジの部でエントリーしていました。

 

しかし、出場人数の関係もあって統合され、今回は小5女子 チャンピオンの部での出場となりました。

前回延長の末、判定で遥を破って優勝した大澤選手、その大澤選手と決勝で戦った園部選手の3人での総当たり戦となりました。

 

開会式。

手前の方に座っています。(^-^)

 

自分の出番の数試合前。

緊張した様子は無さそうです。(^-^)

 

前回は初めて目の前でフルコンタクト空手の試合(テコンドーと違ってボディープロテクターも無しで打ち合う)を見て、やや緊張した面持ちでしたが、今回は2回目ということもあってか、冷静に試合を見ていたように思います。

 

さて、出番です!

 

1試合目。

VS 園部選手。

 

息つく間もない連続蹴りで相手を圧倒!

判定まで行くことなく、途中で審判が試合を止めました。

 

2試合目。

VS 大澤選手。

 

前回はほとんど互角の試合展開で、延長までもつれ込みましたが、今回は本戦で遥が判定勝ち。

中へ中へと入ってくる相手に対する対応が、だいぶ身についたように思います。

 

無事、優勝しました!(^_^)v

ここ1年間で身長が12cmも伸びたこともありますが、フィジカル面も技術面も格段に進歩したと思います。

 

優勝トロフィーを受け取った後、祖母(道場長の母)と。

ばあちゃん、よかったね。(*^^*)

 

遥と試合してくれた選手、大会関係者の皆様、今回も大変お世話になりました。

また次回もぜひ出場させていただきます!(*^^*)

 

……さて、前述した通り今日は2月12日(土)。

実は明日、姫路市でテコンドーの大会があります。

遥の今後を左右する、非常に重要な大会です。

 

おそらく、遥にとって過去最強の相手と試合することになると思います。

理由は、相手が同じ小5ではなく、中1、中2とも試合することになる可能性が高いからです。

それも、全日本ジュニア入賞者です。

 

今日は前日計量の後、姫路市に泊まり、明日は大会当日です。

詳細はまた、投稿します。

 

それでは、準備してそろそろ出発します!(*^ー^)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました