第2回 全日本社会人テコンドー選手権大会

大会
3月3日(日)、兵庫県立武道館(姫路市)にて「第2回 全日本社会人テコンドー選手権大会」が行われました。
 

 
 
前回の投稿でも書いた通り、今回はまず計量をパスできるかどうか、という状態でした。
 
姫路市に向かう前に地元・愛媛県四国中央市で、念のためサウナで体重をさらに落としてから、姫路市に向かいました。
 
 
3月2日(土) 18:00からいつものように前日計量が行われましたが、62.15kgでクリア。
 
意外に余裕がありました。
 
 
サウナは要らなかったかな、と。(^_^;)(笑)
 
 
肝心の試合は、残念ながら初戦敗退。
 
対戦したKさんは、以前「青龍会オープン」で対戦した時はなんとか勝てたのですが、相変わらずやりにくかったです。
 
今回は何もできなかったな、と思います。
 
 
Kさんは、そのまま優勝。
 
本大会では準優勝までが全日本選手権出場権を獲得できるので、正直悔しいです。
 
 
愛媛県、香川県からは2人も出場権を獲得しましたし、現在の自分の力不足を痛感しました。
 
 
「自分が大会に出場し続けるのは子どもたちに教えるための実験」と考えたり口にするのはよいとしても、だからといって「負けても仕方ない」と考えるようになってしまっては、指導者としてはともかく競技者としては終わりだな、と思いました。
 
 
応援に来てくれた遥に「最近、全然勝ってないなー」と言われたのが、一番こたえました。
 

 

 
 
遥が言う通り、ここ最近どの大会に出場しても全く勝てていません。
 
このままでは終われませんので、今まで得てきた知識や、全日本選手権入賞者とも対戦してきた経験を活かして、「どうすれば自分にとって最強のスタイルが完成するのか」を本気で突き詰めてみようと思います。
 
 
ひょっとしたら、今回の敗戦が自分にとっての分岐点なのかな、と。
 
後で「あの時負けたことは良かった」と思えるようにしたいと思います。
 
 
もう一度、競技者として本気で自分と向き合ってみます。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました