第16回 全四国格闘技空手拳法選手権大会

大会

11月13日(日)、吉野川市民プラザ(徳島県吉野川市)にて、総円心館さん主催の「第16回 全四国格闘技空手拳法選手権大会」が行われました。

 

烈蹴会からは、遥が出場。

館長である森先生の計らいで、遥(小6)は

・ 小学6年生 女子

・ 中学生 女子

の2部門に出場させていただきました。

 

小学6年生 女子の方は、合わせ一本勝ちで優勝。(*^-^)b

 

続いて中学生 女子の方も、槙野選手に何度もオルグル(上段蹴り)を決め、優勝できるのではないかと思われましたが、強烈な中段蹴りでスタミナを奪われ、判定負けとなりました。 (>_<)

 

本人はかなり悔しがっていましたが、これもテコンドーとフルコンタクト空手、ポイント制の競技と「効かせる」ということが要求される競技との大きな性質の違いであり、大変勉強になったと思います。

 

槙野選手とは試合後、お互いに優勝トロフィーを持って写真撮影。

またどこかの大会会場で会うと思いますが、その時までにもっと強くなっておかなければと遥も思ったはずです。(^-^)

 

対戦してくれた選手、主催者である総円心館さんの皆様、ありがとうございました!

今後とも宜しくお願い致します!

押忍!

 

‥‥‥と、僕が投稿をもたついている間に、2週連続で明日(11月20日)も大会です。(^_^;)(笑)

 

ちなみに明日は、テコンドーの大会です。

がんばります!(*^-^)b

コメント

タイトルとURLをコピーしました