高松西高校 テコンドー同好会から出稽古

行事・イベント
10月27日(日)、香川県高松市の高松西高校 テコンドー同好会から出稽古に来られました。
 
 
練習内容としては、いつも烈蹴会で行なっている通り、アップ→柔軟→フィジカルの順でスタート。
 
そこから、ミット蹴り→スパーという順に行いましたが、慣れない動作もあったせいか、高校生たちが苦戦するシーンもありました。
 
 
練習は、13:00~16:00に行いました。
 
途中解説もしながらではありましたが、休憩時間もそこそこにみっちり行なったため、体力がある高校生でもかなり疲れたと思います。
 
 
最後にみんなで集合写真を撮ろうと思っていましたが、子どもたちが全員帰った後に気づきました。(^_^;)(笑)
 
僕以外が全員着替え終わった後、顧問・副顧問の先生方もご一緒に撮影。(^-^)
 
 
 
練習後、顧問のG先生と部員のNくんからお礼のメールをいただきました。
 
「現在週4回練習していますが、やり方が全く違っていて勉強になりました」と。
 
 
僕と道場長代理であるTくんも、苦戦しながらも一生懸命に練習をこなそうとする高校生たちを見て、それに応えたいと思いました。
 
 
練習中、合間でいろんなことを話しました。
 
烈蹴会は、強豪道場を目指しているということ。
 
そのためには、「強い小学生」を作ることが必須であるということ。
 
そのために、愛知や大阪にも出稽古に行ったこと。(「親子で武者修行」参照。)
 
現在、高松西高校 テコンドー同好会は2人しかいないけれど、お互いに高め合っていけば強くなり続けることができるということ。
 
烈蹴会で、僕とTくんも同じ道を通ってきたということ。
 
「弱点(短所)を無くしていき、長所を伸ばしていく」という作業以外に、強くなる方法は無いということ。
 
 
11月17日(日)に高松市で行われる「キョルギチャレンジ」には2人とも出場するそうですが、烈蹴会の子どもたちと一緒に、ベストを尽くしてほしいと思います。
 
 
顧問・副顧問の先生方、部員のYくん、Nくん、ありがとうございました!
 
ぜひ、またお越しください!(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました