サンドバッグ、砂袋、棚

道具・環境
前回投稿した通り、9月6日(木)は休みでしたので、朝から常設道場の設備を追加することに時間を使いました。(^-^)
 
 
まず朝8:30頃、別々の会社に注文していたものが2つ同時に届いたので、ちょっとビックリ。
 

 
 
そして、これまた偶然にも前日に、常設道場を作ってくれた咲蔵工房さんから「棚の材料が届いたので作業できます」との連絡が。
 
咲蔵工房さんが棚を作ってくれている間に、僕も作業をすることにしました。(*^-^)b
 

 

 
 
棚が完成するまでに下準備だけしておいて、その後は新居浜市のホームセンターへ。
 
 
床からサンドバッグを吊り上げるフックまで、約245cm。
 
サンドバッグが長さ150cmなので、そのまま付属のチェーンとナスカンで吊り下げると、当然位置が高くなりすぎます。
 
なので、追加のチェーン30cmとシャックル(チェーンを連結させるための器具)を買いました。
 
 
それと、砂20kgを2袋。
 

 
 
帰宅してすぐ、チェーンとシャックルを天井のフックに固定。
 
サンドバッグの吊り下げは、これでバッチリです。(*^-^)b
 

 

 
 
あとは遥に手伝ってもらい、袋に砂20kgを移し、予め組み立てておいた台に袋を固定。
 

 
 
「いい感じだ」と思いきや、蹴っても突いても、あれ?なんか効かないな。(^_^;)
 
それも、そのはず。
 
「20kg×2袋=40kg」かと思いきや、「1袋あたり40kg」でした。
 
早めに買い足さなければ。(^_^;)
 
 
とりあえず、常設道場の設備もかなり整ってきました。
 
あとは、音響設備ですかね。
 
音の反響がかなり良いので、基本稽古や型稽古のときはダメだとしても、例えばスピードを引き上げるような「トレーニング」をする際は、音楽をかけても良いかと。(^-^)
 
 
予算の都合もありますので、しばらくは音響設備は無理だと思いますが、ひとまずはサンドバッグと砂袋を使ってみっちり練習します。
 
僕の打撃力や拳足は貧弱なので、鍛え直さなければ……。(´・ω・`)

—–

コメント

タイトルとURLをコピーしました